脂性肌の場合のベースメイク、ファンデーションのおすすめは?

脂性肌の場合のベースメイク、ファンデーションのおすすめは?

人の肌質にはいくつか種類があり、大きく分けると普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌の4つに分類することができます。その中の脂性肌は皮脂分泌量が多い肌質で、メイクが崩れやすいという特徴があります。

 

そのためメイクをする際には、ベースメイクの基本となるファンデーション選びがとても重要です。

 

ファンデーションの種類

 

ファンデーションには、クリームタイプやリキッドタイプ、パウダータイプがあります。クリームタイプは最も油分が多いタイプのファンデーションで、肌への密着力が高くカバー力に優れています。毛穴もしっかりとカバーすることができます。

 

リキッドタイプはクリームタイプより油分は少な目ですが、パウダータイプよりも油分や水分が多いタイプのファンデーションになります。肌に馴染みやすく、乾燥を防ぐ作用もあります。パウダータイプは油分がほとんど含まれていないファンデーションです。

 

脂性肌におすすめのファンデーションは?

 

脂性肌は皮脂の量が多いので、油分が多く含まれているファンデーションだとメイクが崩れやすくなってしまいます。そのためクリームタイプやリキッドタイプのファンデーションはあまりおすすめできません。

 

パウダータイプのファンデーションは油分がほとんど含まれておらず、余分な皮脂を吸収してくれるので脂性肌に向いています。メイクも崩れにくく、さらっとした仕上がりになります。特に皮脂の分泌量が多く、顔がテカりやすいTゾーンに使用するのに適しています。

 

脂性肌の人のベースメイクの仕方

 

脂性肌の人は皮脂の分泌量が多いので、毛穴に皮脂汚れが詰まりやすくニキビや吹き出物などができやすいという特徴があります。

 

ファンデーションを厚く塗るとますます毛穴に汚れが詰まってしまい、肌トラブルを招きやすくなります。ですからファンデーションを塗る時には、できるだけ薄く塗ってナチュラルメイクに仕上げるのがおすすめです。

 

メイクアイテムのケアも重要

 

ファンデーションを塗る時はスポンジを使いますが、清潔な状態に保っておくことがとても大切になります。なぜかというと脂性肌だと皮脂がスポンジに残りやすく、雑菌が繁殖してしまうからです。

 

雑菌が付いたスポンジをそのまま使用すると、ファンデーションに雑菌が移って肌トラブルを引き起こすこともあります。そういった肌トラブルを防ぐためにはスポンジはこまめに交換したり、洗浄するなど清潔にしておくことがとても重要です。洗浄する際には専用のクリーナーなどを使うと、汚れが落ちやすくなります。

 

また、ケースにしまう際にはしっかりと乾燥させてから水気がない状態でしまうようにしましょう。水気が残っていると、雑菌が繁殖しやすくなります。

page top